Close

Shop

【樹雪】160x160x30

¥16,800

Availability: In stock

Brand: NiiMo

HURRY! ONLY SOME LEFT IN STOCK.
-
+
ちょっとこだわり過ぎた表札       素材の価値を活かすシンプルさ       >~樹雪~KISETSU~について   樹雪とは、新潟県魚沼市大白川地区で先人たちが時間をかけて育ててきた希少価値の高い"スノービーチ"と呼ばれる雪国のブナを使用した表札です。木の間伐から製材、加工、彫刻に至るまですべてにこだわり、一つひとつ心を込めて丁寧につくりあげられた表札は家の顔にふさわしい逸品。表札ひとつで家全体を明るくする風合いと品格を備えた樹雪は表札だけのクオリティに留まらず、インテリアやギフトとしても喜ばれています。また、名前の由来ですが『樹雪』と書いて『KISETSU』と読みます。毎年4mを超す積雪の中でも倒れずに真っすぐ育った樹、そしてブナの木は1年を通して、季節を感じられる樹であるためにつけられた最高峰のブランド表札です。               SNOW=雪、BEECH=ブナ、私たちは雪国で生まれたこの銘木をスノービーチと呼んでいます。ブナの木材の多くはヨーロッパからの輸入材がほとんどで、国内産のブナの木はほとんど市場には出回りません。こうした海外からの流通が盛んになると国内の林業は衰退、そして整備がされなくなった山や森は他に陽の光が届かず枯れていきます。木材の希少価値だけではなく、スノービーチは森をまもるプロジェクトとしてはじまりました。もちろんスノービーチだけではなく、林業の経済の流れをつくりだし、プロジェクトをきっかけに国内の林業資源の有効活用をすることで、里山をまもる活動も増えることを考えています。こうした取り組みは高齢化が進んだ山奥の村に新たな産業を生み出し、日本の伝統をまもります。もちろんただ木を切るだけではなく、今回のプロジェクトでは大学などの研究機関を主体に材木店や森林組合の協力のもと、再生可能資源として有効活用しています。     森林資源の調査、管理は大白川生産森林組合新潟大学が現地にて調査を行いました。その他にも新潟県、魚沼市、民間企業や個人の参加者など多くの方面から森を知ることで、木の活用方法なども探っていきます。     雪国で育てられたスノービーチは北欧の白いブナとは違い、芯材に褐色が見られます。これが目で見える輸入材とスノービーチの大きな違い。樹雪ではこの特徴ある美しい木目を活かし、木の表情を活かすデザインに徹底的にこだわりました。       スノービーチでは管理にも力を入れています。上の写真を見ていただくと、木材に番号が付けられていますが、これらは「どこの地域」「どのポイント」「何番目」「どの部分」の木か分かるようになっています。これは今後、日当たりや環境によって木がどのように変化していくのかが分かります。こうした徹底的な管理をすることで、木の性質、里山の情報などが伝わり、観光などにも活かされます。    ...
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.