✕ 閉じる

コシヒカリおちょこ #02

¥1,930

在庫状況: 在庫有り

ブランド: NiiMo

-
+

商品名:コシヒカリおちょこ #01

サイズ:上部:約60mm✖下部:約30mm✖高さ:約50mm

用途:おちょこ

素材:陶器、釉薬に魚沼産コシヒカリを使用

職人:岡崎 宗男(新潟県長岡市)

 

ご使用前<目止めにについて>

・ご購入後はお米のとぎ汁をおちょこが隠れる程度鍋の中に入れてください。

・火にかけて沸騰させ、弱火で約20~30分煮ます。

・冷めるまで放置して取り出し、ぬめりを落とすように水洗いして乾燥させて完了です。

・目止めをすることで、着色やひび割れを防ぐことができます。

・定期的に上記の方法でメンテナンスすることで、長く愛用いただけます。

 

 

※注意※

・サイズは一つひとつ職人の手仕事のため上記に記載と若干異なることがあります。

・色合い、形状につきましては、写真と異なる場合があることを予めご了承ください。

・配送時の破損につきましては在庫がある場合に限り交換いたします。

・ご注文日より2営業日程度の発送予定となります。(営業は平日10:00~17:00)

 

コシヒカリのおちょこ

 

<ものがたり>

新潟県と言えば、お米、お酒がすぐに浮かんでくるのではないでしょうか?

私たちは新潟のお米とお酒をよりおいしくいただくために何かできないかと考えました。

そこで、この2つを兼ね備えたモノづくりに挑戦。

 

新潟の棚田

 

このおちょこには魚沼産コシヒカリの藁灰を原料とした釉薬(うわぐすり)が使用されています。

そのため、どことなく色合いにお米の雰囲気があるのです。

実はこの灰という原料により、陶器は様々な色合いに変化をみせます。

 

 

どうにか、新潟のコシヒカリを原料としたモノづくりができないか?

県内の陶芸家さんたちをめぐったところ、新潟県長岡市に工房を構える「陶 岡崎」の岡崎宗男氏にお会いしました。

 

 

すると「魚沼産コシヒカリを原料にした釉薬があるから、それでつくれます」と快くご協力いただけることに。

岡崎氏は益子焼で有名な益子で長年腕を磨き、現在は1人で独自の作品を生み出しています。

繊細な指先と焼きの調整、デザインをカタチにする技術と陶芸に対する情熱が一つひとつの作品に注がれています。

魚沼産コシヒカリを原料に新潟県の陶芸家が生み出した新潟のお酒に最も合うおちょこ、自分用やプレゼントとしてご利用ください。

そして新潟のお酒、八海山、久保田、鶴齢、高千代などをご堪能ください。