【些雪~SASAYAKI~】木製卓上プレート – NiiMo
✕ 閉じる

【些雪~SASAYAKI~】木製卓上プレート

¥980

在庫状況: 在庫有り

ブランド: NiiMo

-
+
おしゃれな木製卓上プレート

 

些雪~SASAYAKI~とは

ご予約席、禁煙席、お会計、商品のレイアウトに至るまで多様な用途を兼ね備えた卓上プレート。お店やネット通販で探しても、その多くは二層板やアクリル素材のものばかりで、どこも同じような製品ばかり、目立たない部分ではありますが、その小さなものは身に着けるアクセサリーのようなお店の雰囲気には欠かせない重要な要素があると考えています。そんなお店や商品のアクセサリー、つまりはレイアウトを引き立てる製品ができないかと開発してできた商品です。決して目立たぬよう、シンプルかつ主役を持ちあげる脇役的要素の些雪~SASAYAKI~は森をまもるプロジェクト、希少木材のスノービーチを使用したエコで天然木の素材を使用して細部までこだわり抜いた逸品です。

 

  howtouse

 

 

ご予約席や禁煙席などの店舗レイアウトの一部として、結婚式の座席表、商品の名入れなど多用途に活用できる些雪~SASAYAKI~の使い方は自由です。実際に使っていただいている実例を紹介いたします。

 

 

禁煙席

 

 

おしゃれ禁煙席の卓上プレート

 

 

お店のロゴと木製卓上テーブル

 

 

新潟県南魚沼市にある飲食店『四季肴酒家 きなり』では禁煙席と喫煙席を分ける分煙プレートとしてテーブルにそっと置いてあります。オリジナル禁煙アイコンと文字を組み合わせて、もう一面にはお店のロゴを彫刻。和風の店内でも木製の落ち着いた些雪が雰囲気をより温かめ、お席についた方へ少しだけ目に留まります。

 

 

関家のこだわり米と卓上プレート

 

 南魚沼の美味しいコシヒカリと卓上プレート

 

南魚沼おすすめコシヒカリと卓上プレート

 

おしゃれな木製卓上プレート

 

新潟県南魚沼産コシヒカリの生産、販売を手掛けている 関農園さんのお米直売店『tabito』では商品のの名前を入れて、レイアウトとしてご利用いただいております。木を基調とした店内と自然素材のお米と寄り添うように置かれた卓上サインプレートは二層板やアクリル板のプレートとは違い、商品に温かみをあたえます。

 

スノービーチについて

 

snowbeechと森林

 

雪山のスノービーチ

 

雪国のブナ【スノービーチ】とは

 

SNOW=雪、BEECH=ブナ、私たちは雪国で生まれたこの銘木をスノービーチと呼んでいます。ブナの木材の多くはヨーロッパからの輸入材がほとんどで、国内産のブナの木は市場にはなかなか出回りません。こうした海外からの流通が盛んになると国内の林業は衰退、そして森林整備がされなくなった山や森は地に陽の光が届かず枯れていきます。木材の希少価値だけでなく、スノービーチは森をまもるプロジェクトです。もちろんスノービーチだけではなく、林業の経済の流れをつくりだし、プロジェクトをきっかけに国内の森林資源の有効活用をすることで、里山をまもる活動も増えると考えています。ただ木を切るだけではなく、今回のプロジェクトでは大学の研究機関を主体に材木店や森林組合のもと、再生可能資源として有効活用しています。

 

 スノービーチプロジェクト

 

森林資源の調査、管理は大白川生産森林組合、新潟大学が現地にて調査を行いました。その他にも新潟県、魚沼市、民間企業や個人の参加者など多くの方面から森を知ることで、木の活用方法なども探っています。

 

スノービーチの間伐

 

雪国で育てられたスノービーチは北欧の白いブナとは違い、芯材に褐色がみられます。これが目で分かるスノービーチの輸入材との大きな違い。些雪~SASAYAKI~ではこの特徴ある美しい木目を活かして木の表情を活かすデザインに徹底的にこだわりました。

 

スノービーチナンバリング

 

snowbeech-number

 

スノービーチはただ間伐するだけ、ただ販売するだけではなく、冒頭でもお伝えしましたが、森をまもり、里山を活かして新たな産業の取り組みをすることで人と自然の共生を図る取り組みです。そこで、研究を含め上記の写真のように原木、板材それぞれにナンバリングすることで「どこの地域」「どのぽ隠語」「何番目の木」「どの部分」の木か分かるようになっています。これは今後にあたりや環境によって木がどのように変化していくのかが分かります。こうした徹底的な管理をすることで、山側、作り手にスノービーチが伝わり、商品になってお手元に届いた方まで伝わります。こうして里山の情報が伝わることで、今後は観光などの経済効果をもたらすと考えています。

 

モノづくりのストーリー

 

製材所に運ばれた丸太

 

NiiMoでは木の間伐、製材に立ち会っています。山の事を知り、どのように木が製品されるかを知り、それを皆さまにお伝えすることで、少しでも里山の魅力や国内産の資源について知っていただきたいからです。また木の性質上素材を知ることで、商品開発に活かしています。無垢材は生きていますので、伸縮を繰り返し、含水率は安定せず、とても扱いが難しいです。木の種類によって、どんな商品に向いているか、どのように加工すれば特徴を最大限活かせるか、ブナの専門家や木材の専門家の皆さんに聞きながら商品開発をしています。

 

ブナの大木を切る

 

木を切るということは、破壊ではなく”森をまもる”こと。戦後に木が足りない状況だった日本や今でも海外の一部の地域では過度の森林栽培や違法に木を切ることで実際に自然破壊がおきています。

 

こうした悪いイメージがメディアなどにより「木を切る=自然破壊」として定着した背景があるそうです。しかし、今の日本では輸入材が多く、日本の木を活かすことが少なくなったため、キコリは減り、森林整備のされない荒れた山や森が増えています。

 

スノービーチは必要に応じた間伐と徹底した管理により再生可能資源として森をまもっていく、日本の里山産業や林業を担うプロジェクトです。

 

志田材木店

 

日本のブナの偽心材

 

間伐されたスノービーチは新潟県長岡市にある「志田材木店」に運ばれます。そこで一つひとつ板にナンバリングしながら製材を行い、人工乾燥と天然乾燥の2種類の乾燥方法に分けられます。2つの大きな違いとしましては木材の色合いです。人工乾燥は北欧のブナに近い白が際立つ品質になり、天然乾燥では木目がはっきりとして様々な色が重なり合う色合いになります。どちらも魅力あるスノービーチですので、本ページのサンプル写真をご確認いただき、お好みの乾燥方法をお選びください。

 

craftsman-story

 

職人が一つひとつ丁寧に作り上げる表札

 

製材されたスノービーチは自社工場へと運ばれ、一つひとつ丁寧に加工されます。間伐、製材、加工を自社でおこなうことで、安心してお客様に品質をお約束します。

 

 スノービーチの表札づくり

 

届けられたスノービーチは完成までに裁断、カンナ、面取り、彫刻など多くの工程を経て【些雪~SASAYAKI~】としてお客様のお手元に届けられます。

 

表札職人

 

自社で受注生産することで、一人ひとりのお客様に向け、確かな品質とサービスを心を込めてつくりあげています。素材と加工に時間がかかるため、お安く提供できるわけではありませんが、すべての工程に自信をもって商品づくりにこだわりを詰め、お届けいたします。

 

スノービーチと大白川の森

 

レーザー彫刻をすることで「木」本来の木目を活かし、風合いある彫刻になります。豊かな木目がレーザー彫刻により、さらに優美な表情を魅せます。

 

ご注文方法

 

人工乾燥と天然乾燥の違い

 

素材をお選びいただきましたら、次にデザインをお選びください。デザインにつきましては、既製品、文字入れオーダーのどちらかをお選びください。

 

お会計、ご予約席、禁煙席

 

卓上プレートのサンプル

 カスタマイズオーダーメイド

 

結婚式の座席表や商品名など一つひとつ違う文字を彫刻したい、ギフトにお名前だけ彫刻したプレートがほしい、いくつかの場所に文字入れをしたものをおきたいなど、多くの場所や状況にあったプチオーダーメイド。書体は漢字4書体、英字2書体をご用意しております。

※同じお名前を彫刻する場合は何個でもデザイン料300円(税込)で承ります。

※一つひとつ彫刻する文字が違う場合は追加料金1つ300円(税込)で承ります。

デザイン料は上限3,000円までになります。10個以上ご注文いただいた方は何個でもデザイン料3,000円となります。

 

オーダーメイド卓上プレート

 

<漢字書体>

 

漢字書体

 

<英字書体>

 

英字書体

 

 

卓上プレートオリジナルロゴ入稿

 

ロゴ入稿方法

 

木製オイル仕上げ

 

卓上プレートと木工オイル

 

些雪は長くご利用いただくために、くるみ油を主な成分とした天然成分のブレンドオイルで仕上げています。くるみ油には木材を丈夫にする性質があり、耐久性を強める効果、そして高級油として有名なアマニ油をブレンドすることで撥水性を高めた自社開発の無垢材オイルを使用しています。

 

些雪以外にも、無垢材の家具や木工品でありましたら、ご利用いただけます。弊社では当初、オイルの販売はしていなかったですが、お客様のお声により製品として開発した”E-OIL”も販売しましたので、是非、商品ページよりお買い求めください。

 

木材にオイルを塗装前

 

オイル仕上げをする前は木目がぼやけ、撥水性もないため、水分を吸収して、乾燥をするときに伸縮がおこり、割れやキズの原因になります。些雪を長くご利用いただくために、1ヵ月に1回程度、E-OILを塗装していただくことをおすすめいたします。E-OIL以外にもスーパーで売っているエゴマ油やアマニ油などの乾性油を塗装しても構いません。サラダ油やゴマ油、オリーブオイルなどは空気中で乾かない非乾性油のため、塗装はお控えください。腐食の原因になります。

 

木製品のオイルの塗り方

 

オイルの塗り方ですが、ウエスなどの細かい繊維の布に適量のオイルをつけて、無垢材の木に薄くのばします。こうすることで、オイルが木に浸透して木目もはっきり浮かび【木】本来の美しさを引き出します。塗装をする際は木目に沿って塗装をしてください。

 

無垢材のオイル塗装後

 

オイル塗装後は15分程度、陽の当たらない風通しの良いところで乾燥して完成です。こうすることで、オイルが馴染み、色合い豊かで撥水性に優れ長持ちする無垢材になります。

 

スノービーチ、国産雪国のブナの写真

 

新潟大学と魚沼森林組合のスノービーチの間伐

新潟大学と魚沼森林組合による間伐作業

 

スノービーチの美人林

夏のスノービーチの森

冬のスノービーチの美人林

 冬のスノービーチの森

 スノービーチの研究

スノービーチに関する合同調査

スノービーチの原木

スノービーチの原木